アクレケアのニキビ跡を治すための使い方

MENU

ニキビ跡が消えていく!?アクレケアの超具体的な使い方!

「アクレケアってどう使えばいいの?」と思いませんか?
デコボコのクレーターニキビ跡をケアできるというアクレケアですが、その使い方はいたって簡単。

 

塗るだけ。

 

えっ、あ、冗談ですよ?
もうちょっと詳しく説明しますから・・・。

 

アクレケアの具体的な使い方

アクレケアは美容液。美容液ということは、
普段からスキンケアをしっかりと行っている方はお分かりでしょう。

 

アクレケアは基礎化粧品を全てつけたあと、最後につけます。

 

更に具体的に言うと、
洗顔→化粧水→アクレケアと言う順番で使います。

 

乳液はおこのみで。
アクレケアは結構とろみがあるので乳液がなくても十分保湿してくれます。

 

大人ニキビ

 

乳液を付けたい方は付けてもいいですが、ベタッとしてしまうかも?
乾燥肌の人は念の為に薄く付けておく程度でいいかもしれません。

 

大人ニキビ

 

質感は滑らかでいいですね♪
手触りもよくとろみがあるのも保湿力がありそうでいい感じです。

 

美容液は基本的に基礎化粧品の最後につけるものですから、
しっかりと使っていきたいですね!

 

使用量のめやすはどれくらい?

 

「しっかり使っていきたいですね」と書いておいて、
早速否定させていただきます。すいませんね。

 

というのも、このアクレケア、30mlしかないんです。

 

なのであまりドバドバ使いすぎると1ヶ月経つ前に使い切ってしまうことに…。
なので、使いどきをきっちりと決めておきましょう。

 

まずアクレケアの箱の裏側を見てみると
こんなことが書かれてます。

 

「適量を手またはコットンに取り、気になる部分にお使いください」

 

つまり、凸凹してたり赤みが気になるニキビ跡や
現在進行形のニキビ部分だけに塗ればいいってこと。

 

顔全体に付ける必要はないってことですね。
使用中に赤みとかが出てきたら、使うのをやめましょう。

 

これはどんなスキンケア商品でも同じことです。
余計に荒れたら意味がありませんからね。

 

コットンは使うべき?手でもOK?

コットンを使う必要はありません。
そのまま手に平に乗せて気になる部分に優しく塗るという感じでいいと思います。

 

コットンを使うと全体にまんべんなく塗れますけど、
アクレケアはそういう使い方をする美容液じゃないんで・・・。

 

アクレケアの使い方まとめ

というわけで、簡単にですがアクレケアの使い方をまとめておきますね。

 

  • 基礎化粧品のあとに塗る
  • 使う量はほどほどに
  • コットンは使わずピンポイントで!

 

念の為にもう一回言っておきますけど、
ピンポイントで使わないと意味無いし勿体無いだけですよ。

 

ただでさえ高い美容液なのに無駄遣いしてることになりますからね。
きっちりと使う場所、タイミングを決めて使うと効率よくケアできると思います。

 

アクレケア

 

→ 使い方は塗るだけ!アクレケアの詳細はこちら

 

薬用アクレケア

 

→ アクレケアでホントにニキビ跡のケアが出来た私の口コミ(トップページ)