【併用もあり】アクレケアと一緒に使いたい化粧水はリプロスキン

MENU

アクレケアと一緒に使いたい化粧水の候補ってある?

もうこのサイトをじっくり見てくれたりアクレケアの公式ページを見たりしている人は
わかると思いますが、アクレケアは美容液なんですよね。

 

だから、他の化粧品と一緒に使うことが普通になってくると思います。
ただ、「アクレケアにニキビ跡のケア成分が含まれてるし
化粧水はなんでもいっか〜」といって適当な安い化粧水を使おうと思っていませんか?

 

ちょっと待って!!それ、やめたほうが良いと思います。

 

アクレケアの効果を高めるためにも、
水溶性ビタミンC誘導体が含まれた化粧水を使ったほうがニキビ跡に効果的
です。

 

実はアクレケアにはビタミンC誘導体は含まれていない!?

 

ニキビ跡をケアするためにはビタミンC誘導体の
含まれている化粧水を使うのがベスト。

 

なんでかというと、ビタミンC誘導体には抗酸化作用や過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあるから。

 

要するに、新しいニキビをできにくくするというわけです。

 

とはいっても、「アクレケアにもビタミンCは入っているじゃん!」と
思っちゃうわけですが、それはあくまで間接的なもの。

 

カムカムエキスのなかにビタミンCが含まれていて、
それが肌荒れや皮脂予防を行ってくれているんです。

 

よりわかりやすく言えば、
アクレケアのカムカムエキスにはビタミンC誘導体ほどの働きは期待できない
というわけ。

 

アクレケアには独自の成分があることがポイント!

 

というと、えっ?じゃあアクレケア意味無いじゃん!と
思ってしまうかもしれませんが、それもちょっと待ちましょう。

 

アクレケアには肌のターンオーバーをサポートする卵殻膜成分や、
ヒアルロン酸の10倍もの保湿力がある月下香エキスが含まれています

 

これらの成分って他の化粧品には含まれていない、
ほぼアクレケアオンリーの美肌成分と言っても過言ではないんですね。

 

そう考えると、アクレケアって結構他の化粧品とは
違う成分が入ってるんだな〜と実感出来ると思います。

 

成分を見れば、アクレケアは凸凹ニキビ跡をふっくらさせてくれる働きが期待できますし、
赤み残るニキビや肌荒れなんかにも効果を発揮してくれるはずなんですね。

 

ビタミンC誘導体が含まれている化粧水とセットで使えば効果倍増!?

 

ただ、やっぱりビタミンC誘導体が含まれていないのがネックなんですよね〜。

 

そこで、最初の方で書いたように水溶性ビタミンC誘導体が
含まれている化粧水をアクレケアとペアで使うのがオススメ
というわけなんです。

 

水溶性ビタミンC誘導体が含まれている化粧水というと色々思い浮かびますが、
ラインで洗顔から美容液まで揃っているものがほとんどなんで
化粧水単体で買うのはちょっと・・・・となっちゃうわけです。

 

そう考えるとこちらのページで比較したリプロスキンと一緒に使うのが個人的には一番効果的なんじゃないかなと思います。

 

といってもやっぱりお財布が緩んでないときは
一緒に購入するのは結構キツイので、
余裕があるときにセットで使ってみるというのが良いかもしれません。

 

リプロスキンには美白成分である水溶性プラセンタや
ニキビ跡のケアに大きな効果が期待できる水溶性ビタミンC誘導体(リン酸3Na)が配合されています。

 

アクレケアと成分がほとんどかぶっていないのがポイントですね!
かぶっているのは抗炎症作用のある有効成分グリチルリチン酸2Kくらいでしょうか。

 

あとはバラバラの成分となっているので、無駄なく効果的に使えると思います。
ニキビ跡が気になっていて、美容液だけじゃなく化粧水も別のものに変えてみたいと
思っている方にはリプロスキン+アクレケアのセットは結構悪く無い選択だと思いますよ。

 

リプロスキンは何年も前から販売されていて実績のある化粧水ですし、
私も使ってみて「あっ、これいい!」と感じた化粧水の一つです。

 

もしお財布に余裕があって、アクレケアとセットで使う化粧水を
決められないのであれば、リプロスキンにしてみるのも私は良いと思います!

 

リプロスキン

 

薬用アクレケア

 

→ アクレケアでホントにニキビ跡のケアが出来た私の口コミ(トップページ)